1. HOME
  2. 社長ブログ
  3. 全棟気密試験の必要性

キクザワについて

ご挨拶会社概要社屋案内スタッフ紹介社長ブログ

全棟気密試験の必要性

2016年04月05日

キクザワでは全棟気密試験を行っています。昨年度の気密性能(C値)の平均値は0.36cm/m2でした。一番最近のデータでは、0.27cm2/m2でした。
巷では、1.0cm2/m2で良いって言われていますが、どうなんでしょう。。。

C値が大きくなっても、無風状態で室内温度と外気温の温度差(内外温度差)が少なければ、そんなに換気の悪影響は受けないと思います。しかし、風が強くなって、内外温度差が大きくなると、加速度的に影響を受けてくるんですよね~

風速5mなんてしょっちゅうあるし、北海道だと内外温度差30℃なんて当たり前ですしね……
そんな状態でC値1.0cm2/m2もあったら、お客様が何十万円も出して導入した換気システムが無用の長物になっちゃうんですよね(極論かもしれないけど)

やっぱり、どんな状況下でも安定した換気ができる様にするためには、必ず気密試験をして、良い結果を出さないとと思っています。